投稿

EastWest Symphonic Orchestra Gold Complete(QLSO金)で、手早くリアルにオーケストラっぽい曲を作る方法

イメージ
お久しぶりです、ぬるはちです。

ツイッターのアカウントの方が凍結してしまいましたが、先ほど解除されたのでブログの方も更新したいと思います。




さて、今回は久しぶりに動画の方もあげましたので、その動画で使用した音源を、
自分なりの使い方として書いていきたいと思います。












ブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」から「発動!渾作戦」の曲をアレンジしてみました。


この曲に使用した音源はこちら↓


・EastWest Symphonic Orchestra Gold Complete
・EastWest Quantum Leap Goliath
・EastWest Quantum Leap Symphonic Choirs

・Retrologue(Cubase付属音源)
・Groove Agent SE 4(Cubase付属音源)



この中から「EastWest Symphonic Orchestra Gold Complete(以下QLSO金)」の使い方を書いていきたいと思います。


あくまで、「できるだけ完成が早く、それなりにオーケストラっぽく作る」が目的ですので、しっかり作りこみたい方にはあまり興味のない記事かもしれないです;;






まずは、音色から選んでいきましょう。



QLSO金はマルチティンバー音源(一つの音源から複数の音色を選択可能)なので、基本的には分かりやすいように金管、木管、弦、パーカスで分けてQLSO金を読み込むのが良いでしょう。








作る楽曲の編成で楽器を読み込みましょう。































手早くオーケストラっぽい曲を作るため、楽器ごとのパッチにある「楽器名~ master.ewi」と書いてある、キースイッチの入った音源を読み込みましょう。

PCのスペック(大事)や楽曲に掛ける時間、クオリティによっては、奏法ごとにパッチを読み込んで作りこむのが最も理想的です。
しかし、大編成になると100トラック以上になることと、作業が多くなるため曲作りがなぁなぁになっていつまでも曲が完成しないのは本末転倒なので、よく考えてから作り始めた方がいいと思います。






次に各楽器ごとのアーティキュレーションの有無を操作できる画面にしましょう。(右上真ん中寄りの「BROWSER」ボタンを押したり押さなかったりで切り替え)

※場合によってこの作業、やってもやらなくてもいいです(後述)


真ん中にアーティキュレーションの有無を…

フリーVSTで使えるアンプシミュレーターで音作り ~クランチサウンド~

イメージ
前回に引き続き、フリーのアンプシミュレーターで音作りをしていきたいと思います。




今回はギタースラップに合うようなクランチサウンドの音作りを紹介します。
スラップ以外にもコード弾きなどにも、そのまま利用出来る音です。












今回使うVSTソフトはこちら



poulin LeXTAC
【http://lepouplugins.blogspot.jp/2010/02/lextac.html】


AUDIFIED MultiCabinet
【https://shop.audified.com/products/multicabinet?variant=1032191405】


Waves Renaissance AXX 【http://www.minet.jp/brand/waves/renaissance-axx/】 ※こちらのコンプレッサーはWaves社の有料コンプレッサーですが、非常にギターとの合性が良いので、今回のトラックにはこちらを使いました。他のコンプレッサーでも代用は可能です。


導入のやり方は前回の記事をご覧になってください~↓
フリーVSTで使えるアンプシミュレーターで音作り ~ハイゲインサウンド~







今回は、各セッティングの方のみを記載します。







まずはアンプの「LeXTAC」の設定から




左から ・CHANNEL → BLUE ・INPUT → ちょい右(ここは出音がしっくりくるように回してください) ・GAIN → 1時
・PRE EQ → NORMAL(緑)
・BASS → 2時 ・MIDDLE → MAX ・TREBLE → 11時 ・CONTOUR → 3時と4時の間ぐらい
・POWERAMP → 3時 ・OUTPUT → 11時
で設定します。



次にキャビネットシミュレーターの「Multi Cabinet」の設定








キャビは今回は「RKing 4×12 - V30 HalfBack」を選びます。 「MIC 1」は「Dynamic a5」を
MIC 2」は「Condenser 1A」を選んで下さい。 マイクポジションはスクショから大体の位置にセッティングしてみて下さい。


最後にコンプレッサー「Waves Renaissance AXX」の設定です




フリーVSTで使えるアンプシミュレーターで音作り ~ハイゲインサウンド~

イメージ
こんにちは、ぬるはちです。



早速ですが、今回は普段僕が使っているアンプシミュレーター、キャビネットシミュレーターで
普段作っている音作りを紹介しようと思います。

あくまで一例ですので、こんなものがあるのか程度で受け止めてもらえたら幸いです。






さて今回作った音は、高音が強めなメタルバッキング向けの音作りを紹介していきます。





ギターのパンニングは、LRフルで振ってあります。




僕はCubase8を使用していますが、大まかな感じはどのDAWソフトでも一緒なので雰囲気で頑張ってみて下さい;;


今回使うフリーのVSTソフトはこちら



TSE Audio TSE 808
 【https://www.tseaudio.com/software/tse808】

poulin LeGion
 【http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=LeGion&id=961】

AUDIFIED MultiCabinet
【https://shop.audified.com/products/multicabinet?variant=1032191405】
※金額は¥0~とダウンロードする側が金額を決めるシステムになっています。かなりオススメのキャビネットシミュレーターなので、開発協力も兼ねて御布施も検討してみてはいかかでしょうか


ダウンロードは、自分の制作環境に合わせたbit数を選んで下さい


まずは上記をダウンロードして解凍、DAWのプログラムが入っているファイル(※CubaseならC:→Program Files→Steinberg→VstPlugins)へ拡張子が「.dll」のファイルをぶち込んで下さい。





DAWを立ち上げ、新規プロジェクトを作成する。



スクショの①部分で右クリック→Audioトラック(Mono)を追加し、②のInsertsから「TSE 808 2.0 x~」を立ち上げる。




ブースターのセッティングは

DRIVE  →そのまま
TONE   →1時~2時の間ぐらい
VOLUME →3時ぐらい

で設定します。
TONEダイアルはギター本体のピックアップのパワーに応じて調整してみて下さい。軽くジャキジャキするかな?程度でOKです。





Insertsから「Legion」を選択→立ち上げる






紹介した音源のセッティングは

DRIVE…

ブログはじめました

ぬるはちです

音楽のことや、なんとなく思いついたことなどを書いていきます