投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

EastWest Symphonic Orchestra Gold Complete(QLSO金)で、手早くリアルにオーケストラっぽい曲を作る方法

イメージ
お久しぶりです、ぬるはちです。

ツイッターのアカウントの方が凍結してしまいましたが、先ほど解除されたのでブログの方も更新したいと思います。




さて、今回は久しぶりに動画の方もあげましたので、その動画で使用した音源を、
自分なりの使い方として書いていきたいと思います。












ブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」から「発動!渾作戦」の曲をアレンジしてみました。


この曲に使用した音源はこちら↓


・EastWest Symphonic Orchestra Gold Complete
・EastWest Quantum Leap Goliath
・EastWest Quantum Leap Symphonic Choirs

・Retrologue(Cubase付属音源)
・Groove Agent SE 4(Cubase付属音源)



この中から「EastWest Symphonic Orchestra Gold Complete(以下QLSO金)」の使い方を書いていきたいと思います。


あくまで、「できるだけ完成が早く、それなりにオーケストラっぽく作る」が目的ですので、しっかり作りこみたい方にはあまり興味のない記事かもしれないです;;






まずは、音色から選んでいきましょう。



QLSO金はマルチティンバー音源(一つの音源から複数の音色を選択可能)なので、基本的には分かりやすいように金管、木管、弦、パーカスで分けてQLSO金を読み込むのが良いでしょう。








作る楽曲の編成で楽器を読み込みましょう。































手早くオーケストラっぽい曲を作るため、楽器ごとのパッチにある「楽器名~ master.ewi」と書いてある、キースイッチの入った音源を読み込みましょう。

PCのスペック(大事)や楽曲に掛ける時間、クオリティによっては、奏法ごとにパッチを読み込んで作りこむのが最も理想的です。
しかし、大編成になると100トラック以上になることと、作業が多くなるため曲作りがなぁなぁになっていつまでも曲が完成しないのは本末転倒なので、よく考えてから作り始めた方がいいと思います。






次に各楽器ごとのアーティキュレーションの有無を操作できる画面にしましょう。(右上真ん中寄りの「BROWSER」ボタンを押したり押さなかったりで切り替え)

※場合によってこの作業、やってもやらなくてもいいです(後述)


真ん中にアーティキュレーションの有無を…